FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いよいよ明日からは4月。
また新しい年度が明日から始まりますね。

こんにちは。
タイヤガーデン半田の柴田洋助です。

桜も満開間近で暖かく過ごしやすい日が続いてます。
まだスタッドレスタイヤを履いたままの方はそろそろ履き替えをしましょう。

4月になると半田市では各地でお祭りが始まります。
5月GW前まで毎週半田市内のどこかでお祭りが開催されます。
私も中学生くらいまでは親からお小遣いをもらってお祭りに行ってました。
今思えば輪投げや光るリングなど、ぼったくりのような物を買って喜んでた事が懐かしく思えます。

とまぁ話が少し脱線しましたが、車の方も春の行楽に向けて、すり減ったタイヤを交換する事も大事だと思います。
もし履き替えで分からない事があれば何でもお気軽に聞いてください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
スポンサーサイト
2013.03.31 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top


こんにちは。
タイヤガーデン半田、スタッフの柴田康助です。

桜も咲き始め、もうすっかり春ですね(^O^)
お花見は今週末がよさそうですね。
来週は・・・微妙なところ??笑


さて、そろそろスタッドレスから夏用タイヤに交換の時期ですね。
履き続けると夏用タイヤと比べ、燃費が悪くなりますので・・・
必要がなくなった方は早めの交換をオススメしています。

またよくある事なんですが・・・
これから着けようと思っている夏タイヤの溝がナイ!!
そんなタイヤをそのまま付けてしまうと危険です。
当店に持ってきていただければお客様にあった点検、対応をさせて頂きますので御気軽にお立ち寄り下さいm(_ _)m

スタッフ一同、満開の笑顔でお待ちしておりますwwww
2013.03.30 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、タイヤガーデン半田の柴田洋助です。
最近花粉症が酷く、失礼ながらマスクをして店頭に立っておりますが、ご了承ください。

今日はタイヤの溝についてです。
お客様から「このタイヤであと何kmくらいもつ?」とよく聞かれる事があります。

タイヤのライフは使用環境、運転の仕方、空気圧管理、タイヤローテーションなどによって全く変わってきますが、新品時約8mmある溝が使用限界である1.6mmに達するまで、約30000~35000kmと言われております。
つまり溝約1mmで約5000km走る事ができると覚えておくと良いでしょう。

空気圧管理や小まめなタイヤローテーションを行い、タイヤを長持ちさせる事がエコドライブの第一歩だと思いますよ。

タイヤを長持ちさせるタイヤローテーションの事なら是非お気軽に、半田のタイヤプロショップ、タイヤガーデン半田にお任せください。
2013.03.24 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、タイヤガーデン半田の柴田洋助です。

今週に入りずっと暖かく、いよいよ私の嫌いな花粉症の季節がやってきました(汗)

そろそろスタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの履き替えをお考えの方もいらっしゃると思います。
いつまでもスタッドレスタイヤのままだと燃費も悪いし雨の日のブレーキの効きも悪くなります。

3月4月前半までには履き替えする事をおすすめします。

当店ではホイール付きの脱着なら2100円~となっておりますので、履き替えの方はお早めに。
2013.03.09 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、タイヤガーデン半田の柴田洋助です。

今日はタイヤの空気圧についてお話しましょうか。
まずもって皆様はご自身が乗ってらっしゃる愛車のタイヤの空気圧がどのくらいかご存知ですか?
それから前回タイヤの空気圧を点検されてからどのくらい経ってますか?
分からない、思い出せないという方は要注意かもしれません。

タイヤの空気圧の表示は国産車の場合の多くは、運転席のドア横辺りにシールが貼ってあるかと思いますので、まずはこれを確認するところから始めてみましょう。

そしてタイヤの空気圧ですが、乗用車の場合1ヶ月経つと大体10~20kPaくらいが自然に抜けっていってしまいます。
これはタイヤの空気圧全体の約5~10%に相当します。

タイヤの空気圧の低下は日常ではその変化になかなか気が付きません。
また何かきっかけでもないとなかなかチェックしようという気にならないでしょう。
ですが、タイヤの空気圧はとても大事な事なのです。

自転車を例に出して説明すると、皆様はタイヤの空気圧が少ない自転車で走って、ハンドルやペダルが重くなって、フラついたりなかなか思うようにスピードが出せなかったというような経験はありませんか?

車でもこれと同じような事が言えます。
ちょっとした事でハンドルを取られたり、摩耗が激しくなったり、燃費も悪くなります。
高速走行で最悪の場合、バーストなんて事も起こりうる可能性があります。

それこそ空気圧なんて1年近く見てないなんて方がもしいらっしゃったら、すぐに最寄りのタイヤ屋、自動車屋、ガソリンスタンドなどで見てもらいましょう。
もちろんタイヤガーデン半田ではタイヤの空気圧の点検は無料です。
タイヤの事なら是非お気軽に、半田のタイヤプロショップ、タイヤガーデン半田にお任せください。
2013.03.06 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
62444_343283359110041_1623687446_n.jpg
こんにちは、タイヤガーデン半田の柴田洋助です。

今日はお店に貼ってあるこのポスターについて、皆様になるべく分かりやすくご説明させていただきます。

まずクラックとは?
これはポスターにも書いてありますが、ヒビ割れの事です。
タイヤはゴム製品です。
時間の経過とともに劣化します。
これが主な原因となってタイヤにクラックが入ります。

一言でクラックと言ってもそのレベルに応じて、要交換から継続使用可能までさまざまです。
ポスターの写真を参考に、一度ご自身の愛車のタイヤをチェックしてみみましょう。
特に3年以上タイヤ交換をしていない場合は要注意かもしれません。

自分で見てもよく分からないという方は、タイヤガーデン半田までお尋ねください。
お客様の愛車のタイヤがホントに安心して使用できるのか、分かりやすくご説明させていただきますよ。
2013.03.03 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。